エビデンスで教育を考えた

頭が良くなる科学論文を紹介していきます。

テスト回。

 

f:id:mathlikeB:20180505231347p:plain

 

 最近ご無沙汰のテスト回です。

 

テストシリーズでは、実際に研究で使われているスケールを使っています。それを使うことで「科学ではこういう風にこの概念を測っているのね」というのが知れます。また実際に自分でも使えるので「自分のエフィカシーはこのくらいか」なんてことがわかってお得であります。

 

というわけで今回のテストはこちらです。バイアスを避けるためになんのテストなのかは次回お答えします。皆様のアクティビティに関して、まず、仕事でも趣味でもいいので、自分の対象を1つ決めます。そこから回答は7段階で

 

全く当てはまらない1

ほとんどあてはまらない2

少ししかあてはまらない3

普通4

少しはあてはまる5

けっこう当てはまる6

本当にその通り7

 

でお願いします。質問は14個です。それではどうぞ!

 

 

1.この活動によって、私はさまざまな経験をすることができます。 
 
2.この活動で発見したことで、もっと感謝の念が生まれます。
  
3.この活動によって、私は記憶に残る経験をすることができます。
 
4.この活動は私が自分自身について好きなことを反映しています。
 
5.この活動は私の人生の他の活動と調和しています。
 
6.私にとって、この活動は私がまだコントロールすることに成功している情熱です。
 
7.私はこの活動に完全に没頭しています。
 
8.私はそれなしでは生きていけません。
 
9.この活動の衝動はとても強いです。 
 
10.私はこの活動なしでは自分の人生を想像するのが困難です。
 
11.私は感情的にこの活動に依存しています。
 
12.私はこの活動をする必要性を制御するのに苦労しています。
 
13.私はこの活動にほとんど強迫観念を抱いています。
 
14.私の気分は私がこの活動をすることができることにかかっています。

 

テストはここまで。

 

前半7つの質問と、後半7つの質問の平均点を出しておいてください。