エビデンスで教育を考えた

頭が良くなる科学論文を紹介していきます。

ブックオフに行ってきた話。〜俺はロリコンではありません〜

 「本が視界に入るのが重荷だ。」

 

増え続ける本を見るたびにそう思う。

 

Kindle読み放題に加入してから、その思いは募るばかりだ。

 

 

大学時代からの本を抱え込んでいく時はそれが楽しかったものの、中には読んでいない本もちらほら。

 

大事なことに集中したい時こそこれが目に入ってしまいます。

(ここ最近は、家だと捗らない。)

 

なんで定期的に本を売ってます。

f:id:mathlikeB:20181027194002j:plain

(3年は読み返してない本たち)

 

 秋の公園を自転車で走りながら近所のブックオフに。

 

 

で買い取ってもらったところ、計146円になりました。

 

ついでにポイントもたまってたので、ある本も購入。これは今度紹介します。

 

 

 

買取の後もぶらぶら考えながら店内を回っていると、早くも外はまっくら。

 

寒空の下に出て

 

「あー上着着てきてよかったなー」

 

 

なんて思っていたら、店の外の自販機の前に1人の女の子が。

 

お父ちゃんのバイクによっかかりながら

 

「ゆーーーやーけこやけーの」

 

 

と歌っているではありませんか。

 

 

「なんで外で待たせてんだ!」

 

 

とちょっと思いましたが、本人はどこ吹く風。

 

見てらんなかったので、自販機にて130円のホットココアを買ってその場であげてきました。

 

「寒くないか?」

 

「うん」

 

「これのみな」

 

「うん」

 

「ひとりで開けられるか?」

 

「はい、ありがとう」

 

 

一人で開けたのを確認したら、なんだか気恥ずかしくなったので

 

「じゃーな!」

 

といってそそくさ帰ってきてしまいました。

 

 

ポケットに残った16円を触りながら、

「おれ、何しに行ったんだっけ?」

 

と回想する秋の夜。